この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

奥野高徳氏は、どれくらい成り上がりな人物なのか?

成り上がった人物は冠言葉が付けられる!?

先生、トラック運転手、デザイナー、手品師、医者など、世の中にはたくさんの職種があります。その職種に「凄腕」や「伝説」などの冠言葉が付けられる人は、どれほど存在するでしょうか?きっとそれほどいらっしゃることはないと思います。

それに対して奥野高徳氏は、職種に冠言葉を付けて称された数少ない人物になります。ところでこうして改めて考えてみると、歴史上の人物でも冠言葉が付けられている人は全員、歴史に名を残しています。

つまり成り上がらなければ、冠言葉を付けられることなどないことから、奥野氏は数少ない成り上がりな人物と言えるわけです。しかも「凄腕」や「伝説」という冠言葉を奥野氏は付けられて称されています。

しかしそのような冠言葉など、本当にその言葉通りでなければ、付けて貰えるものではありません。裏を返せば、いかに奥野氏が成り上がってきた人物だったのか、ということに他ならないわけです。

「成り上がり」は、褒め言葉に他ならない

例えば歴史の中で成り上がりな人物として知られている方は多く存在します。その人物たちに共通していることと言えば、全員今はやりの「人たらし」であること。

つまり周りの人間がその成り上がりな人物の魅力に引き込まれ、その人のために尽力した結果、その人物は成り上がったというわけです。ですから、「成り上がりな人物」という言葉は裏を返せば「魅力的な人物」という褒め言葉に他なりません。

そしてその事実は、そのまま奥野氏に当てはまります。もし奥野氏が人間的な魅力に欠けている人だったら、奥野氏がスカウトした多くのキャバ嬢たちは、「ナンバーワンキャバ嬢」になるまで頑張れていたかどうか疑問です。

彼女たちの頑張りの源は、そのような女性たちを陰で支えた奥野氏の人間性以外の何ものでもないと思います。ですから奥野高徳氏という人物は、成り上がりな人物であるとともに、魅力的な人物であると考えられるのです。